産後のモヤモヤ

こんにちは🌞

先日、産後回復トリートメントでいらっしゃたお客様。今回2回目のトリートメントでした。産後2カ月でいらしてくれました。

産後1〜2カ月はまだまだ骨盤が安定せず、歩き方も不安定でした。子宮周りにリンパや血液が停滞し、冷たく、むくみがかなりありました。

主訴は、首や肩、腰の痛み。

触らなくとも、パンパンに腫れ上がり筋肉が硬直し、固まっているのがわかります。

命がけの出産後に、不眠不休の赤ちゃんのお世話が出来るのは脳からオキシトシンというハッピーホルモンが沢山出るからなんですね。

これは赤ちゃんを抱っこしたり、優しく湯船に入れたり、授乳すると分泌されるんです。

実際に、NHKの特番でも帰宅後のパパとの会話でイライラしていても、授乳をするとイライラが収まるという証明がされています。

赤ちゃんのお世話をすればするほど快楽ホルモンが出るんですね。

でも、実際は身体はぼろぼろなんですよ。

男の人が不眠不休で同じ事は出来ません。

で、はじめての出産で一番苦労するのは「授乳」です。「足りない」「出ない」「飲まない」。赤ちゃんのお腹の容量や少食さん、食いしん坊さんかで、結構変わってきます。でも、お母さんは「わたしのせいだ」とぼろぼろ涙が止まらないんですね。

そして、おばあちゃんやパパの何気ない一言がぐさっと突き刺さる。

「こんなに泣いちゃってかわいそうに。母乳がたりないの?」「また泣いてる。おっぱいじゃないの?」

いつもだったら、ふーんとやり過ごせるような言葉も、無性に気に触るんです。

これは、赤ちゃんを守るための母性本能なんです。

「赤ちゃんの事を一番わかっているわたしに、何か余計な指図をする人」イコール「赤ちゃんを傷つけかねない人」と本能的に警戒します。

この時期に、家族の関係がこじれるような出来事があると、産後何十年後まで引きずります。

産前産後の出来事は女性にとって、人生最大のイベントで、ひとつひとつが昨日のことのようにありありと思い出す事が出来るんです。

「雪がコンコンとふる寒い夜に産まれて、次の日窓の外が銀世界だった」

「陣痛室の隣の人の会話を今でも思い出せる。シュークリームを食べたいと旦那さんに頼んでいたな。」

だから、理性では

仕事だからこんな事頼んではいけないと我慢してきた産前産後のモヤモヤ…

数十年後に爆発するんです!ほんとに!

でも、ご主人は、その時に言われていませんし、覚えてもいません。残念ながら。

今、産後の辛い時期に

モヤモヤしている事は何ですか?

意外と簡単に解決出来る事だったりします。

産後はもちろん、出産時のダメージもありますし、慣れない赤ちゃんのお世話にまさに肩に力が入っています。それ以外にも、神経をピンと張り詰めなくてはいけない原因があるんですね。

身体を触ると、心の様子が何となく感じ取れるような気がします。

「ご主人が外で仕事を頑張っているから、迷惑をかけたくない。頑張って子育てしなくちゃ!」と一人で奮闘していませんか?

外ではいいお母さんの様に見えて、家の中ではドタバタしているのが当たり前ですよ!白鳥のように!水面下ではバタバタしてるんですから。

でも、上手に乗り切るアドバイスがあるとしたら…

みんなを巻き込んでしまいましょう!

まずは旦那さんから!旦那さんだってパパ一年目。やればやるほど上手になります。子育ての時間を分けてあげて下さい。

そして、友人。同じ悩みをもつ同志。子育て情報は貴重です。

社会資源。意外とあるんです。いざという時に使えるように。地域の保健センターや役所など訪ねてみては?

知らない・わからない・頼る人がいない

これが不安のタネではないですか?

もしも、赤ちゃんのお世話がキツイ、可愛いと思えない…

それは

お母さんの身体と心がぼろぼろで、とても赤ちゃんのお世話が出来る状態ではないというサインです。

まずは、ご自分の身体をしっかり回復させる必要があります。

赤ちゃんの為ではなく、自分自身をしっかりケアをしてあげましょう。

赤ちゃんのお風呂と自分のお風呂の時間を分けてみましょう。

ゆっくり湯船につかり、筋肉のこわばりをほぐし、入浴後にはたっぷりクリームやオイルで保湿します。

起き入りのスキンケアで少し時間をかけてセルフケアしましょう。

自分で自分を大切にしてあげること。

赤ちゃん優先の生活にほんのすこしでも、一人でゆっくりくつろげる時間を作ってみてください。

ご主人に上手に協力してもらえそうですか?

①スキンケアの時間

②カフェにいく時間

③美容院やネイルにいく時間

わたしが担当したお客様は、はじめての出産でしたか、上手にご主人と乗り切ろうとしているようでした。

2回目のトリートメント終了後には、

肩や背中のこわばりがとれ、まるでブライダルエステを受けた後のようにスッキリ。

表情も晴れ晴れと!軽やかに。

私もとても嬉しかったです。

足の運びも随分スムーズになりました。

女性ホルモンにフォーカスしたトリートメントは

PMS・生理痛・生理不順

不妊

マタニティ

産後

更年期

閉経後

と一生を通して続きます。

これからもこころと身体のサポート!担当させていただきまね!

産後回復トリートメント

本当に辛い方、我慢しないで下さいね。

また、なかなかサロンまで来ることが難しい方は出張もいたします。ご相談下さいませ!

Kaoru

関連記事

  1. ちらし作成

  2. ハーブとアロマ

  3. 勉強会

  4. 結果重視!フェイシャル

  5. 7月のおしらせ

  6. 女性ホルモン講座③女性アスリートと身体のお悩み ~その1~無…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。